私たちについて

オアハカ州、チアパス州は再建を必要としている(メキシコ大震災の現状について)
2017年9月7日、メキシコ南部オアハカ州、チアパス州で起こったマグニチュード8.1のメキシコ南部地震(チアパス州震源)と、その約1週間後の9月19日に、モレーロス州、プエブラ州、メキシコシティで起こった、マグニチュード7.1のメキシコ中部地震(プエブラ州震源)。
世界中からの支援が、首都メキシコシティには届いているものの、チアパス州、オアハカ州のアクセスがしづらい山奥の住民にまで、支援が行き渡っていないのが現状です。
経済的にも貧しいチアパス州、オアハカ州では、地震が起こった後にも、雨が多く降り続け、家も潰れ、雨露をしのぐ場所もなく、非常に深刻な状況に陥っています。さらに洪水や、追い打ちをかけるように起こった9月23日の地震(オアハカ州震源)により、更なる被害にも見舞われています。
残念なことに、メキシコでは、政府の援助は限定的であり、支援が優先されるのは政治的な繋がりのある場所のみという、恩顧主義に基いている背景が存在します。
そのため、チアパス州、オアハカ州の小さな集落における建築の地震被害は、壊滅的にもかかわらず、救済の対象外なのです。
村の人たちは自助努力でこの緊急事態への解決を試みていますが、間に合っていません。緊急で必要なのは、住居施設の再建を開始することです。
そこで、この地域への寄付を、ご検討されている日本の方々へ、本ウェブサイトを通じて、地元で、草の根的な活動をしている慈善団体や、非政府団体のボランティア組織のリストを提供しています。
このリストには、本当に支援が必要な場所へ、適切に支援を割り当てることを最優先にしている、信頼性のある団体のみが、厳正な審査により選ばれています。
本ウェブサイトでは、随時、信頼できる支援団体の新たな加盟を募っており、情報は継続的に更新されます。
オアハカ州、チアパス州における再建プロジェクトに貢献できる組織をご存知であれば、
こちらのメールアドレス rebuildingmexico@gmail.com までご連絡下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。